ホステスの適正その2

ホステスのお仕事は、お酒を抜きには語れません。やはり
お酒に弱いよりは、ある程度強い、あるいは好きな方が、
ホステス業界でもやっていけることでしょう。

中には、お酒が大好きで、仕事で毎日お酒が飲めるなら
これ以上ない天職、というホステスもいるようです。
でも、お酒はあくまで楽しく飲める範囲が限度であり、
悪酔いしてお客様に失礼があったり、泥酔して記憶が
なくなったりというようでは、ホステスの適性を欠くと
言わざるを得ません。

また、毎夜毎夜の深酒は、ゆくゆく自分の体を壊すこと
にもつながります。ホステスの仕事上、どうしてもお酒
は避けては通れないものですが、自分の体調を常に把握
しつつ、お客様と楽しい時間を過ごせる範囲内での適量
を守って飲むことが、プロのお酒の扱い方といえるでしょう。

最後に、日々のストレスと上手に付き合うことが、
この仕事を上手にこなしていくための最大のポイント
かもしれません。ホステス業界の場合、お客様は癒し
とくつろぎを求めて、かなりプライベートな姿まで
さらけ出してくることがままありますし、お店の内部では、
常に同僚や先輩後輩ホステスとの軋轢もあるでしょう。

ファッションやヘアメイクなどの美容面では常にたゆまぬ
努力が欠かせませんし、お客様との会話のためには新聞や
TVなどでの情報収集も怠ってはなりません。

日中の営業メールや電話も含めると、実は高給と言われる
ホステスの仕事も、陰で相当な努力を続けているのが現状
なのです。そのため、ストレスはホステスの最大の職業病
とも言われています。日々のストレスと上手に向き合い、
解消しながらまた新しい仕事に取り組んでいけること、
これはホステスに限らず他のどんな職業にも最大の適正と
言えるでしょう。

ホステス・キャバ嬢を口説けないなら・・・

スナイパーメールの川村大地が贈る、最強のホステス・キャバ嬢口説きマニュアル


Copyright (C) 2007 ホステスなび〜売れっ子ホステスへの道〜. All Rights Reserved.